2010年2月27日土曜日

Twitterクライアントを選ぶ時の自分なりの基準

いろんなTwitterクライアントを使っていて思うことは、完全と言えるクライアントはまだないということ。そして長く使いたいクライアントは使ってて気持ちいいってことです。
それはデザイン、ユーザビリティの高さであり、決してスペックだけが全てじゃなんだと。そこを重視してお勧めしたいクライアントを紹介します。

1番のポイントはツイートを追っていって、TLにいかに早く戻れるかです。Twitterのリアルタイム性を考えるとサクサク感を感じさせる重要なポイントなのに、実際はTLに戻るのに何度もボタンをタッチして戻らなければいけないものがほとんどです。そしてこの基準を満たしているクライアントは必ずデザインとユーザビリティが高いです。この基準からお薦め出来るクライアントは2つ。

Twitter for iPhone (Tweetie2)

なにを今更という感じもありますが、このアプリのユーザビリティは群を抜いてます。
Tweetieは上のバーの右に表示されてるいわゆる戻るボタン(このプロフィール画面ではTweetと表示)をスワイプすると元のTL、もしくはMentionに一気に戻ります。1回ずつ押していけば1段階ずつ戻ります。

Tweetieが優れているもうひとつの機能はツイート上でスワイプすると出てくるショートカットメニューです。ここからReply、Profile、Favoriteなどの操作に素早く移行することができます。

 このように、目的の操作に素早く移行できて、TLにも素早く戻れるのは非常に使い心地が良く、長時間使っていても疲れません。
問題点は非公式RTを備えていないこと。公式RTかQTのみ対応なのですが、それ以外のことでは文句はまったくありません。完成度は数あるTwitterクライアントでも最高レベルだと思います 


TweetMe for iPhone
TweetMeはツイートをタッチすると機能一覧が詰め込まれたポップアップが出てくるスタイルです。

それを起点にツイートをたどることができるのですが、その起点からの画面は上の「close」ボタンで閉じることで一気に元のTLやMentionに戻れます。(画像はポップアップから該当アカウントのタイムラインを表示)

更にオートスクロールの機能やボイスツイートなどを備えた多機能なクライアントです。しかし自分のツイートを削除する機能がまだ付いていません。
ただ、TweetMeのサポートは対応が良く、ユーザーの声を聞いてくれているので今後に期待の持てるクライアントだと思います。


おまけ
自分にとってのもうひとつの大きなポイントはクライアントがプッシュ配信に対応しているかどうかです。人によっては必要ないかもしれません。が、中毒者には必須機能w
というわけで自分はかなりの労力をかけてクライアントを買ってはチェックしてました。クライアントが対応してないならBoxcarを使えばいいことなのですが、やはりネイティブにプッシュされた方がメリットが大きいものです。
ネイティブのプッシュ配信機能で満足のいくクライアントはTwitbitのみでした。定番のEchofon Proもプッシュしてくれますが、プッシュのタイムラグが大きすぎて使おうと思えません。
Twitbitはシンプルで良いデザインですが、上に挙げた2つのクライアントほどユーザビリティが高くないので残念なのです。
それでもプッシュされてからリプライに移るまでのスピードはBoxcarを抜く時も多く、Twitterのプッシュ配信という部分だけで考えるとこれがベストと言えるでしょう。

2 件のコメント:

ぢゅん さんのコメント...

PUSH通知で満足なのは確かにTwitbit程度ですネ
Simply Tweetも比較的レスポンスが早いのですが、Echofon ProもTwitbird ProもTweetingsもどれも今一つの印象です。
PUSH通知を複数のアプリで受けとるようにしていると、これがまた使い勝手が悪くなるので、悩ましいです(^_^;)

hassy5 さんのコメント...

PUSHで安定してくれてるのはTwitbitとBoxcarくらいでしたね。
ほんと複数アプリでPUSHさせると悩ましいですよねー
バッチ表示もムダに気になるしw